ULVAC TECHNO,Ltd.

 

企業情報:会社沿革

1979年1月の設立以来、当社の主な出来事をご紹介しています。

年 月 主な出来事
1979年1月 アルバックサービス株式会社設立(日本真空技術株式会社サービス事業部独立)
1980年5月 アルバックサービス株式会社とバイオエンジニアリング株式会社が合併、アルバックサービス株式会社となる
1981年9月 茨城CSセンター開所
1981年10月 株式会社タツミ製作所を吸収し、アルバックサービス株式会社尼崎工場を開所
1982年3月 九州地区の業務を分離し、関連会社として、アルバック九州サービス株式会社を設立。アルバック九州株式会社となる
1984年7月 新潟CSセンターを開所
1984年10月 岩手CSセンター開所
1985年4月 尼崎工場を分離し、関連会社として、アルバック精機株式会社を設立
1985年6月 長野CSセンター開所
1986年5月 茅ヶ崎本社の事務棟建設
1986年7月 愛知CSセンター開所
1987年1月 広島CSセンター開所
1988年3月 石川CSセンター開所
1988年4月 山形CSセンター開所
1989年7月 宮城CSセンター開所
1990年4月 本社・茅ヶ崎工場を建設、本社部門・茅ヶ崎CSセンターを新社屋へ移転。同時にバイオ工場を旧茅ヶ崎工場へ移転
1990年6月 群馬CSセンター開所
1991年10月 バイオ事業部、分離独立(NGKフィルテック株式会社設立)
1992年3月 富士裾野研修センター開所
1992年10月 三重CSセンター開所
1994年1月 埼玉CSセンター開所
1994年7月 川崎CSセンター開所
1994年10月 アルバックサービス株式会社とアルバックマテリアル株式会社(当時)が合併、アルバックテクノ株式会社となる
1995年5月 筑波CSセンター開所
1996年2月 姫路CSセンター開所
1996年7月 金属表面化学株式会社を吸収し、アルバックテクノ株式会社ケミカルセンターを開所
1998年6月 滋賀CSセンター開所
1998年7月 ISO9002認証取得
1999年10月 山形CSセンター新築移転
1999年11月 米子分室開所
2000年5月 広島CSセンター新築移転
2000年7月 鳥取分室開所
2000年7月 ISO9002から9001に適用規格変更
2000年7月 ISO14001認証取得(本社工場及びパーツセンター)
2000年10月 静岡分室開所
2000年11月 石川CSセンター新築移転
2001年7月 ISO14001認証拡大(長野CSセンター・石川CSセンター)
2001年12月 ISO14001認証拡大(三重CSセンター・滋賀CSセンター・岩手CSセンター)
2002年5月 岩手CSセンター新築移転
2003年1月 大阪CSセンター移転
2004年3月 茂原分室開所
2004年7月 徳島分室開所
2004年10月 千歳分室開所
2006年10月 ケミカルセンター茅ヶ崎工場新築移転
2007年7月 静岡分室移転
2007年10月 四日市分室開所
2008年5月 埼玉CSセンター新築移転
2008年7月 アルバックヒューマンリレーションズ(株)を設立
2008年10月 アルバックマテリアル(株)から表面処理事業部を事業譲渡され、アルバックテクノ(株)洗浄本部 千葉事業所を開所
2008年12月 愛知CSセンター新築移転
2009年10月 和歌山事業所開所
2010年10月 アルバック九州(株)からサービス技術部門、表面処理部門、洗浄部門が事業譲渡され、大分CSセンター、熊本CSセンター、宮崎CSセンター、鹿児島CSセンター、ケミカルセンター鹿児島事業所、洗浄本部鹿児島事業所を開所
2011年1月 茂原CSセンター移転
2011年7月 四日市分室を廃止し四日市CSセンター開所
2012年1月 新本社棟、茅ヶ崎CSセンター他、新築移転
2012年5月 四日市CSセンター移転
2012年6月 茨城CSセンター新築
2012年10月 福岡CSセンター、北九州営業所開所
2013年7月 新大阪オフィスを開所
2014年3月 山梨営業所開所
2014年7月 堺CSセンターを大阪CSセンター管轄に移行
2015年7月 愛媛CSセンターを愛媛分室に名称変更
2015年7月 千歳分室移転
2015年12月 徳島分室移転
2016年6月 鳥取分室閉所
2016年7月 鳥取分室が米子分室へ統合し、鳥取営業所として開所
2016年7月 大分CSセンターを廃止し、大分分室を開所
アルバックテクノ株式会社 ULVAC TECHNO,Ltd.