ULVAC TECHNO,Ltd.

 

 

採用情報:社員紹介/表面処理技術者

表面処理の使用用途は幅広く、真空装置部品、食品医療関係、航空・宇宙開発部品等に使用されています


野沢 卓司
ケミカルセンター製造部製造2課
工学部応用物理学科卒
2004年4月1日入社


1.現在担当している業務はなんですか?

ケミカルセンターでは金属への表面処理をしています。アルマイトやめっきと聞けばイメージがしやすいと思います。私の担当業務は、お客様からお預かりした製品、小さいものは数ミリの精密機器部品から、大きなものは3メートル以上の大型液晶製造装置用チャンバーに対し表面処理を行うこと、また、処理計画の立案、作業負荷に合わせた人員調整等の工程管理を行っています。

2.アルバックテクノ株式会社に入社したきっかけはなんですか?

大学時代に金属材料の研究をしており、金属材料の応用に興味がありました。当社ケミカルセンターでは、表面処理を行う事により金属に機能付加を行ない、あらゆる分野に応用できるようにしていると聞きました。その中で自分の大学時代の経験、知識を活かせると思い入社を決意しました。

3.仕事のやりがいはなんですか?

ケミカルセンターの表面処理は、株式会社アルバックをはじめとした真空装置部品だけでなく、食品医療関係、航空・宇宙開発部品等に幅広く使用されています。その中で、自分たちで表面処理した部品が組み込まれた装置の話題を新聞、テレビで見かけるとやりがいを感じます。また、自分たちで表面処理した部品が組み込まれた装置で製造されたお菓子等をスーパーで見かけると、嬉しくなってつい買い物カゴに入れてしまいます。。

4.今生きている学生時代の経験はなんですか?

大学時代の研究室の教授が『研究や実験に失敗はつきもの。あきらめずに根気強く取り組みなさい。』と仰っておりました。その言葉を受け、失敗を繰り返しながらも根気強く取組み、研究をやり遂げる事ができました。現在でもお客様の難易度の高い要求や技術的問題等に対し、根気強く取り組み解決できていると思います。また、たくさん遊ぶ事も大切だと思います。私の経験上、学生時代にしか経験できませんから…。

5.入社前と入社後のギャップはなんですか?

入社前の会社訪問の際に、『当社は、装置メンテナンスや改造等のサービスを主たる業務としており、お客様と接する機会も多く、明るく元気な会社です』との説明を受けていました。入社後の印象は、イメージしていたよりさらに明るく元気な会社でした。パワフルすぎる諸先輩方のおかげで、入社してすぐに会社の雰囲気になじむ事が出来ました。


アルバックテクノ株式会社 ULVAC TECHNO,Ltd.